岡部宿

笠懸の松

かさかけのまつ

平安時代末期の歌人西行とその弟子西住に起こった悲しい物語の舞台となった場所で、弟子の西住が、この地で病に倒れた時に、笠に辞世の句を書き、松に懸け亡くなったといわれ、後日、西行がこの笠を見て弔歌を残したと伝えられています。松枯れのため当時の松は現存していませんが、後代の松と西住の墓石が残されています。

基本データ

名称
笠懸の松 (かさかけのまつ)
ジャンル
観光名所
エリア
岡部宿
住所
静岡県藤枝市岡部町岡部1152-15
営業時間
見学自由
定休日
金額
無料
駐車場
Top main icon08 Top main icon04 総合トップ 藤枝市エリア 静岡市エリア